お知らせ

2024/02/07

GTIE GAPファンド2024 エクスプロール(2年)、同(3年)コースの募集を開始します

目的と趣旨:
本GAPファンドプログラムでは、科学技術振興機構(JST)大学発新産業創出基金スタートアップ・エコシステム共創プログラムを委託されたGreaterTokyoInnovationEcosystem(以下「GTIE」という)がGTIEプラットフォーム に参画する大学に所属する研究者に対しGAPファンドプログラムを通じた支援を行います。

GTIE GAPファンドプログラム2024「エクスプロール(2年)、同(3年)(以下、「本コース」という。)」の募集開始をお知らせします。本コースでは、GTIEプラットフォームに参加する大学の革新的技術シーズを核に社会・経済に大きなインパクトを生み、国際展開を含め大きく事業成長するポテンシャルを有する大学発スタートアップの創出を目指した研究課題の支援をいたします。

採択課題は、研究開発に責任を有する研究代表者および技術シーズの事業開発に責任を有する事業化推進機関(VC等)が共同で実施する体制を採り、事業化推進機関のプロジェクトマネジメントのもと研究開発を推進します。課題の推進にあたっては、マイルストン(節目となる中間目標及び事業開発・研究開発マイルストン)を設定し、この達成を目指して事業開発と研究開発を一体的に行います。

本コースの概要:
募集する研究開発課題

1. 対象
事業化に向けて、研究機関の研究成果を事業化に向けて、ビジネスモデルのブラッシュアップ、試作品製作、仮説検証のためのデータ(実験結果、計算結果)取得、市場検証等を進める研究課題(GAPファンド)。
※事業化を目的としない研究を目的とするものや会社事業・準備(登記等)の実施は対象ではありません。

<本募集プログラムの終了時の目安>
本募集プログラムに採択された課題は、プログラム終了時点において、起業し、ベンチャーキャピタル等が投資判断できる段階まで到達していることを目指します。応募に際しては達成目標例を参照し、課題や分野の特性を考慮しつつ、適切な達成目標を設定してください。

応募の概要:
1. 応募資格
①GTIEプラットフォームの下記の各大学に所属する研究者
東京大学、東京工業大学、早稲田大学、筑波大学、千葉大学、東京農工大学、横浜市立大学、神奈川県立保健福祉大学、東京医科歯科大学、慶應義塾大学、東京都立大学、東京理科大学、芝浦工業大学、電気通信大学、茨城大学、東海大学
②この他技術シーズ等に関する条件をすべて満たす必要があります(詳細は公募要領参照)

2. 募集期間・選考スケジュール
【申請締切】2024年3月11日(月)正午
【スケジュール】
申請書提出期限    2024年3月11日(月)正午
面接審査              2024年3月下旬/4月上旬(予定)
面接結果通知       2024年4月中(予定)
研究開始              2024年~5月頃
※GTIE採択後にJSTによる承認    が必要です。JSTへの計画書提出から1ヶ月~1.5ヶ月後が目処です。

3. 採択予定件数
エクスプロール(2年) 4件程度
エクスプロール(3年) 9件程度

4. 研究開発費(研究開発期間総額、直接経費)
①エクスプロール(2年):上限6,000万円
 (初年度3,000万円、2年目3,000万円)
②エクスプロール(3年):上限6,000万円
 (初年度1,500万円、2年目1,500万円、3年目3,000万円)
※採択課題に対しては毎年度進捗評価が実施され、その結果により課題の中止、研究開発費の増減、研究開発期間の延長/短縮が行われる場合があります。

5. 応募書類等
(1) 募集要領


(2) 応募書類
事業化推進機関との共同で応募いただきます。
①研究代表者から提出:様式1 ~3 (作成したファイルをPDFにすること)

(1)様式1_申請書 (※2024/2/20改訂)


(2)様式2_予算計画書

(3)様式3_知的財産確認書

(4)技術シーズ補足説明資料(任意、パワーポイント10ページ以内、作成したファイルをPDFにすること)

②事業化推進機関から提出:様式4、5
(1)様式4       事業化推進機関および事業化推進者(担当者)の概要


(2)様式5       事業化推進機関の財務状況

(3)事業化推進機関の決算報告書(直近3期)または有価証券報告書(直近3期)
  ※GTIE事業化推進機関(候補)は様式4のみご提出ください。(様式5および決算報告書(直近3期)等は不要)

6. 応募書類の提出方法
次の応募フォームに、必要事項を入力するとともに、上記「5.応募書類等」でダウンロードし作成した書類をアップロードし送信してください。

提出先 応募フォーム (研究代表者用 )  https://forms.gle/X5C3v1CX7Kb8spV36
    応募フォーム (事業化推進機関用 ) https://forms.gle/TeAjErLf7m9gHggC6

7. 応募制限について
JSTにより、同一の研究代表者は、JST事業での応募に関して重複制限が定められており、詳細は募集要領をご参照ください。該当する場合は本件に応募ができません。

同一の研究代表者は「大学発新産業創出基金事業」「研究成果展開事業大学発新産業創出プログラム」を同時に実施することはできません。また、最終年度を除き、1つのファンドを実施しながらもう1つのファンドに申請することはできません。申請段階での制限はありませんが、複数のファンドに申請した場合はいずれかのファンドの採択が決定した段階で、採択が決定したファンドを実施して申請中のファンドを辞退するか、申請中のファンドの審査結果を待つために採択が決定したファンドを辞退するか選択していただきます。また、同一の研究代表者が、同一のファンドへ複数課題を申請することはできません。
上記記載は研究代表者に関する記載であり、事業化推進機関については原則、応募の制限はありません。
早稲田大学・筑波大学に所属し、大学推進型の研究開発課題に現在採択されている(あるいは現在申請中である)研究者の方は、コース内容によって応募の制限がありますのでご確認の上、申請を行ってください。本募集のエクスプロール2年、エクスプロール3年は申請可能です。

8. 問合せ先
質問等がある場合には、募集要領内に記載された所属する大学の「問合せ先」までご連絡ください。

9. 選考結果の通知
書面の選考結果通知については2024年3月下旬に電子メールにて通知し、その際に書面審査を通過した応募者には面接審査の日程等(4月上旬)についても連絡いたします。最終選考の結果については2024年4月中旬に電子メールにて通知します。